本を読み、凝り固まった思考をほぐす

頭がまーるく柔らかくなる本たちを紹介するよ。

遺伝子を考える一冊

ブログテーマ:書籍紹介

すべての生物、すべての人間、すべての細胞には「遺伝子」というものが刻まれています。遺伝子というのは脈々と続いてきた生命の連鎖を記録したものです。すべてを辿っていけば、当然それは地球の歴史を内包するものとなるでしょう。当然ながら、我々自身はその存在のすべてを解き明かすことが出来るわけではありません。しかしながら、その一部を覚醒させることは出来る、というのがこの本での軸となっています。

本書『こころが元気になる偉大なる力(パワー) 「遺伝子とサムシング・グレート」は教える』は、営業書や自己啓発本などで有名な佐藤康行氏と、筑波大学名誉教授である村上和雄氏によって行われた「遺伝子」をめぐる対談を元にして書かれています。

村上和雄氏は、遺伝子の覚醒のためには「サムシング・グレート」つまり、人治を超えた、例えば神の奇跡のような力が必要である、という論を公表しています。対して、佐藤康行氏は自分は遺伝子の覚醒のためのノウハウを知っている、と言います。

表紙にはVSと書かれていますが、論を戦わせているというものではありません。お互いがお互いの意見を聞き、その上で「遺伝子」について考えている、そんな一冊です。自己啓発本としては最上の一つでしょう。

こころが元気になる偉大なる力(パワー) 「遺伝子とサムシング・グレート」は教える

 comment (0)

最新の記事

プロフィール

Copyright(c) 20130-2014  本を読み、凝り固まった思考をほぐす All Rights Reserved.