本を読み、凝り固まった思考をほぐす

頭がまーるく柔らかくなる本たちを紹介するよ。

仕事ができるか、できないか

ブログテーマ:書籍紹介

これをお読みの諸兄は、自分は仕事が「できる人間」であると思っているだろうか?あるいは「できない人間」だと思っているだろうか?

恐らく、自分のことをできる人間である、というように思っているという人はそれほど多いわけではないと思う。ここでは特に後者、自分はできない人間であると思っている人にこそ読んで欲しい一冊を紹介していく。

『仕事ができる人できない人 ―「あの人はできる!」と納得させる20のルール』という本だ。タイトルからしてどのような本の内容なのか、ということは大体わかってくることだろう。この本は仕事が出来る人というのはどのようなことをしているのか、どのようなことをすることで、仕事が出来るようになっていくのか、ということを紹介している一冊である。

この本は具体的な仕事の内容について語っているノウハウ本というわけではない。むしろ、普段の生活にこそ仕事の出来不出来を左右する要素が存在しているとしている、生活指南本としての意味合いが強いと考えて頂ければ良いだろう。

自分の生活においてかけていることは何なのか、見つめなおすことで仕事が出来る人間担っていくことが出来るかもしれない。一度、見なおしてみるのはいかがだろうか。

仕事ができる人できない人 ―「あの人はできる!」と納得させる20のルール

 comment (0)

最新の記事

プロフィール

Copyright(c) 20130-2014  本を読み、凝り固まった思考をほぐす All Rights Reserved.